XAUの下落は本物か?

こんばんは。
FX兼業トレーダーのボリセンです。
 
 
 
8/7頃から金(GOLD、XAU)が下落しましたね。
 
 
 
金(GOLD、XAU)のネットポジションを見ても、ロングがかなり溜まっているので、
どこかで調整は来るという懸念は持ちながらも、少し(実は結構、、汗)ヤケドしました( ;∀;)
 
 
 

サマー休暇明けのマーケットの動向次第

サマーバケーションのタイミングもすっかり忘れていていました。
 
 
 
実際、様々な要因での金(GOLD、XAU)の下落ですが、
私は、
①金(GOLD、XAU)のロングポジションが溜まっているので、サマーバケーション前の利益確定
②米10年債利回りの下落(金利が上昇です)
 
 
 
この2つが大きな要因だと感じています。
 
【金(GOLD、XAU)のネットポジション】
 

 
【米10年債利回り】
 

 
 
 

XAU/USDの分析

【日足】

 
MAでサポートされています。
 
 
 
【4時間足】
 
 
 

 
4時間足でチャートを見ると、
日足のMAと4時間足MAに挟まれています。
 
 
 
先週末時点では、
サマーバケーション前の利確&週末と言うこともあり、このレートで支えられているようですが、
ただ、今週は指標や会合などもあるので要警戒の週です。
そして、今週で一旦このトレンドが変わったか否かがわかると思います。
1449.73付近をブレイクアウトしてから、一番の大陰線を付けましたね。
 
 
 
一応、週末には日足のMAに支えられて終えています。
 
 
 
私は勤務中でしたが、下落局面をスマホでチャートを見ていましたが、
売りが売りを呼んだ感じに見えました。
 
 
 
ただここでパニックにならないで、
「なにが原因で下落したのか?」を考えるのが大事。
 
 
 
正直、これだけロングポジションが溜まっているのであれば、もっと下落しても不思議ではないのですが、
ここで下げ止まったのは、やはり金(GOLD、XAU)がまだ強いからです。
 
 
 
私なら、落ちてきたら積極的に押し目買いです。
 
 
 
ただ、当然注意も必要で、
これだけ金(GOLD、XAU)はロングポジションが溜まっているので、
なんらかのリスクオンになるような出来事があれば
急落する可能性も十分に秘めています。
 
 
 
話は戻りまして、金(GOLD、XAU)がまだ強い他の要因としては、
DXYが弱い!
 
【DXY ドルインデックス 月足】

 
【DXY ドルインデックス 日足】

 
DXY ドルインデックスは、各国通貨とドルの強さを見るものですが、
今は安値圏にいると言うことは、各国通貨に対して総じてドルが弱いですと言うことです。


少し気がかりなのが米10年債利回りの動向

【日足】

 
現状、FRBはリーマンショック後からどんどんお金をばらまいていて、
一時は、ようやく完全雇用まで到達し、「さぁこれからバランスシートを縮小しよう」というタイミングで、
コロナウィルスが蔓延し、引き締めができない状況に。
 
 
 
と言うことは、
FRBはまだまだお金はばらまくので、ドルの価値はそんな急に上がらないのは容易にわかる事です。
 
 
 
そんな中、米10年債利回りが下落しました。
 
 
 
ここは難しい判断ですが、
今回の金(GOLD、XAU)の下落は、
米10年債利回りが下落が先か、金(GOLD、XAU)の下落が先かです。
 
 
 
金(GOLD、XAU)は保有していても金利を生まないので、
金利を生む商品が買われると必然的に金(GOLD、XAU)を手放します。
 
 
 
う~ん、私個人の見解ですが、
金(GOLD、XAU)は、今のレートを深堀ってきたら、一旦今のトレンドは終了。
今のレートで揉みあう、又は上昇の気配を見せるのであれば強気で仕掛けていきます。
 
 
 
凄い単純な見解で申し訳ないですが、
米10年債利回りの金利動向を見ながら、金(GOLD、XAU)のレートがどう動くか?
ここを注視してみていきたいと思います。
 
 
 
ただ、今日明日の話ではないですが、
金(GOLD、XAU)、その他XAGなどの貴金属は
8/7のような一時的な下落局面は見せたとしても強気でいいと思います。
 
 
 
いい押し目買いのポイントですよ。
 
 
 
それでは(‘ω’)ノ
 
 
 
PS.これからは何かトレードで活用できそうなものや役立つツールなどの色々紹介もしていきたいと考えてます。
 
 
 
ウォールストリート・ジャーナル日本版でも情報収集しています。

 
 
 
なおTwitterでは随時FXや世界情勢について色々なことを
つぶやいてますので、なんとなくでいいのでフォローお願いしますm(__)m


 
ウォールストリート・ジャーナル日本版




 
 
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です